草取りや庭木の伐採のメンテナンスは心身ともに健康になるために必要

雑草が与える悪影響!庭のメンテナンスで健康になろう

庭木の手入れを行ない心身ともに健康的になる

庭

キレイに整えられた庭は気持ちが良いものです。癒し効果や活力補充、さらには衛生面など、人体やペットの身体にも良い影響があることでしょう。

庭のメンテナンスの手間を減らすために効果的な方法

草取り
庭のメンテナンスを行う上で、一番手間がかかるのが草取りです。草取りは雑草を根っこから引き抜くので、芝刈りで手入れをするよりも、キレイな庭を長くキープすることができます。たとえば、土の掘り返しと地下茎の除去をすると、ワンシーズンを通じて雑草が生えてこないことも少なくありません。しかし、長時間かかんで作業をするので体力的にも大変しんどい作業です。
庭木の伐採
庭木を放置していると、美観を損ねるほか、木が大きくなり過ぎたり枯れてしまったりしたため、倒れてしまう恐れがあります。庭で万一のことが起きる状態なので、木の伐採が必要です。また、落葉広葉樹の場合、秋に落ちた葉っぱの管理が大変という意見も少なくありません。そこで、定期的な庭木の伐採で庭を整えておくとよいでしょう。

庭師からの一言メモ

草取りや庭木の伐採は我々にお任せください(庭師)

庭の草取りというと簡単そうに聞こえますが、実際にはかなりの重労働です。かがんだまま行うので、足腰への負担も相当なものです。夏場の炎天下の草取りはそれだけで体力を消耗しますし、地盤の固い庭などは特に過酷な作業になります。無理して自分で行うよりも、専門の業者に任せると良いでしょう。庭木の伐採も作業が高所になることも手伝って、一歩間違えると大きな事故にもつながります。素人が無理して行うとケガの危険もあるので、庭師に依頼することをおすすめします。

不衛生な庭が人体に与える影響を知る

庭が不衛生な状態である場合、人体にはどのような影響を及ぼすことになるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

雑草が人体へ与える影響

アレルギー被害
庭の草木を放置しておくと、さまざまな雑草が生えてきます。ブタクサなど花粉症の原因になる草もあるので注意が必要です。庭の放置はアレルギーを引き起こしてしまう可能性があるので、きちんと手入れをして、人体に悪影響を与えないようにしましょう。
喘息被害
体質によっては、雑草の粒子や湿気た庭に生えたキノコの胞子などで喘息症状が出たり、症状が強くなったりする場合があります。小さな子供は特にデリケートなので、人体に影響が出ないよう、なるべく庭は衛生的に保つことを心がけましょう。

害虫被害も深刻な問題

草取りや庭木の伐採をせずに放置していると、チャドクガやイラガ、ムカデ、スズメバチのような人体に悪影響を及ぼす毒性の強い虫などが発生しやすくなります。庭を不衛生にすると虫が住みつきやすく、また虫に気付きにくくなってしまうものです。植物の生育の妨げになるだけでなく、刺されて腫れたりアナフィラキシー症状を引き起こしたりして、人体に大きな影響を及ぼすかもしれません。万が一のことがあってからでは遅いので、庭の手入れを定期的に行うようにしましょう。

TOPボタン
体に悪影響を及ぼす前に【効果的な庭木の伐採・草取りの方法】